保育士 難易度

 

保育士資格の試験難易度

 

保育士の難易度は?

 

保育士の資格を取るために受ける試験の難易度は早稲田へ行く力があるのならば、一般書籍を購入し、独学で本で学び8科目中、3科目は余裕で取れるそうです。

 

しかしながら、保育士の資格取得の合格率は、例年11〜14%程度です。

 

国家資格の難易度としては、保育士試験は難しい方です。

 

しかし、三年間の猶予があるので、資格試験に一発合格をしようと考えなければ各科目の60%以上取れば合格ですから合格率をそんなに気にしなくていいです。

 

資格の難易度は、簡単なものから超難関といわれるものまであります。

 

保育士資格試験は、難易度は結構高く、卒業と同時に資格を取得できる学校を卒業した方がいいのかもしれません。

 

国家資格試験だけの合格者よりも、実習などをこなしている養成施設を卒業した保育士資格取得者の方が採用したいという気持ちが大きいようです。

 

平成20年度保育士試験全科目合格率
全国平均(厚生労働省発表)
受験者数 37744人  合格者数 3989人  合格率 10.6%

 

平成19年度保育士試験全科目合格率
受験者数 38032人  合格者数 7750人  合格率 20.4%

 

平成18年度保育士試験全科目合格率
受験者数 39192人  合格者数 5693人  合格率 14.5%

 

一部科目合格の全国平均合格率は非公開となっています。

スポンサード リンク




保育士 /Google /