保育士の資格を取得方法

 

保育士の資格を取得する方法と試験の勉強方法

保育士の資格を取得する方法には2通りあります。

 

1つ目は年に1回行われる保育士資格試験に合格する事です。
2つ目は厚生労働大臣指定の保育士養成学校を卒業する事です。

 

合格すれば、都道府県知事の保育士資格登録をして登録証を受ける事ができます。そうすれば晴れて保育士として働くことができるのです。

 

年に1回ある保育士資格試験では、8科目の筆記試験(実質10科目あります)に合格した後、実技試験を受ける形となります。

 

筆記試験はマークシートですが、合格するためには約6割の正解が必要です。
また実技では音楽、絵画制作、言語のうち3分野から出題され、
うち2分野を選び受験します。

 

保育士資格試験に合格するためには同じく6割の得点が必要でしょう。
保育士の資格を取得するための大学や専門学校などの学校で勉強する方法や
通信教育の通信講座、または独学などの勉強法がありますが自分に合ったスタイルをみつけましょう。

 

合格への秘訣は一度の受験で保育士資格試験の科目全部合格するのは大変です。少しずつとっていくという方法もあります。保育士資格試験に合格した科目はその年を含めて3年は有効ですので、計画的に合格を目指しましょう。

 

また資格試験の難易度や大学や通信教育の通信講座の合格率を確認することと受験資格も再確認しておくことが大切です。

スポンサード リンク




保育士 /Google /